相続人には3つの選択肢があります

人が亡くなり相続が発生すると、被相続人の財産は相続人に受け継がれてゆくことになります。
相続財産というと不動産や株券、預貯金などのプラスの財産をイメージすることが多いと思い
ますが、中にはマイナスの財産、つまり借金なども含まれるのです。

そのため、そうしたマイナスの財産を相続をすると負担をすることになります。
万が一マイナスの財産のほうがプラスの財産を超える場合などは親といえども人の借金を背負う
となるとやはり喜べるものではありません。
また、財産を相続することでトラブルに巻き込まれるのを避けたいということもあるかもしれ
ません。

このため民法では遺産を相続するのか、放棄するのか、相続人にも選択の余地を与えています。
法律で定められた3つの選択肢は下記の通りです。

①.被相続人のプラスとマイナス全ての財産を受け継ぐ方法が単純承認です。
②.被相続人の全ての財産を受け継がない方法が相続放棄です。
③.受け継いだ財産の範囲内で債務を引き継ぐのが限定承認です。

単純承認であれば特に手続きは必要ありませんが、その他の選択をする場合には相続があるこ
とを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所へ申述書を提出しなければなりません。 

登記と不動産の無料相談をできます
表題の登記は法律で決められた義務です。いっぽう、権利のそれはするかどうか自由です。
www.souzoku-shien.net/registration

«
»
 

トラックバックURL