どうして遺言書を作成するのが良いのでしょうか

遺産分割でもめるケースは色々あり、どこの家庭にも起こりそうな
事情が多いです。

例えば、相続人間が疎遠であったり、相続人以外の関与がある、
特定の相続人が被相続人の面倒を見ていた・・・などなど。

それでも遺産分割でもめないようにするには遺言書の作成が有効です。
遺言は死後の財産処分などについて被相続人の意思を残すものです。
遺言者は本人の自由な意思によって遺言書を作成することができ、
遺留分を侵害しない限り法定相続分よりも優先されます。
法的効果は絶大です。
遺言は被相続人の最終的な意思なので、法定相続人以外にも
財産を分配できます。
また、相続人に上記のような事情があっても感情的に受け入れやすいものです。

遺言の作成には主に3つの方法があります。
1.自筆証書遺言書
 遺言者が内容、日付、氏名を自署で作成できるが、様式や内容の不備
 が生じやすく、偽造の可能性があるというようなデメリットもあります。

2.公正証書遺言
 遺言者が公証人に遺言内容を口述し、その内容をもとに公証人が作成
 します。専門家が作成してくれ一番確実で安心な遺言ですが、手続きや
 公証人への手数料などのデメリットがあります。

3.秘密証書遺言
 遺言者が遺言書を作成し、公証人及び証人2人以上に対し自分の意思で
 あることを申し出て関係者が署名捺印します。
 内容を秘密にできますが、家庭裁判所の検認などの手続きや費用の面
 でのデメリットもあります。

相談して遺産相続の分割を協議する
遺言のあるなしによって相続の手続きの進み方にかなりの差がでます。
www.souzoku-shien.net

«
»
 

トラックバックURL