融資に有利な経営について

いずれにせよ借金は無い方がやりやすいのですが、
多くの会社は金融機関からの融資を受けることが最も
一般的な方法ですね。

これを「間接金融」と呼びます。
金融機関から借りた場合は、当然のことながら
金融消費貸借契約書の約定に基づいて、返済して
いかなくてはいけません。
もし返済が滞った際には、通常会社は期限の利益を失うことになり、
借入金の残額を一括返済しなければならない契約になっています。
このように会社になると第三者から出資を集めることが可能になります。

資本金を直接増やすのが「直接金融」というもので
こちらも資金調達の方法として用いられています。
資本金は会社を設立する時の元手ですが、途中でいつでも
増資することが可能です。

規模が小さな会社の場合は、上場企業のように
証券会社を通じて広く一般に投資家を
募ることはできないのですが、事業主本人や
従業員、取引先から追加の出資を受けることができますので、
その上で会社の資金を増やすことが可能です。
直接金融の特色は、貸手と借手が直接に資金的つながりを
持つことにあります。

24時間やっている横浜の相談センター
とかく細かいことが苦手ならば、遺産分割協議書を自分で作るとストレスかもしれません。
相続の専門家に作成していただくのが賢明でしょう。まず、やってみてできるところまで進めるのもいいが、
途中で投げ出すならはじめから任せて方がとくだと思う。
www.souzoku-shien.net/legacy/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む