相続が発生したときにやらなければいけないこと

身内の方などが亡くなったとき、行なわなければならない手続きが色々あります。

中には期限が決まっているものもあり、期限を守らないと罰則を受けることもあるので注意が必要です。

一番最初に行なわなければならないものとして、「死亡届」を提出する必要があります。

これは、亡くなったことを知ってから7日以内に行なわなければなりません。

亡くなった方の本籍地の役所へ届け出ましょう。

(届出役場の優先順位は、1.本籍地 2.死亡地 3.届出をする人の現住所地です。最終的に本籍地に届けられます。)

死亡届を提出すると、戸籍から亡くなった方の分が抹消されます。

死亡届は、役所のほかに、病院などにも常備されているところがあります。

外国で亡くなった場合は、提出期限は3ヶ月以内となります。

また、「死体火(埋)葬葬許可申請書」もあわせて役所へ提出しましょう。

期限は死亡届と同じく、なくなったことを知ってから3日以内です。

亡くなった方の火葬または埋葬を役所が許可した、という書類になり、お葬式を挙げる際に必ず必要になります。

家族で相続分をどうするのか協議する
なんとなく不安な思いがあるのあら、遺産分割協議書をプロに作成してもらおう。各種の相続の手続にこの書類があると、とてもスムーズにことを運べるだろう。しっかりつくってあれば、銀行もうるさいことを言わないはずだ。
www.souzoku-shien.net/legacy/

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む