カテゴリー: 相続を円満にすすめたい

登記簿上に誤りを発見した場合には

登記簿などの役所の書類でも人間が管理をしている以上誤りのあることがあります。

不動産の登記手続きを行なう際には必ずその不動産の登記簿や登記情報などの
確認をします。その際に実態と一致しないことを発見することがあります。
“登記簿上に誤りを発見した場合には”の詳細は »

評価額がない土地では登録免許税が必要ない?

登録免許税は国税なので評価額がない土地でも納付が必要なのです。

相続登記を進める上で登録免許税の計算のために土地の評価証明を
取得することがあります。
その際に、土地の価格が表記されていないことがあります。
“評価額がない土地では登録免許税が必要ない?”の詳細は »

相続人には3つの選択肢があります

被相続人の財産を受け継ぐのか、放棄するのか、相続人には選択肢があります。

人が亡くなり相続が発生すると、被相続人の財産は相続人に受け継がれてゆくことになります。
相続財産というと不動産や株券、預貯金などのプラスの財産をイメージすることが多いと思い
ますが、中にはマイナスの財産、つまり借金なども含まれるのです。
“相続人には3つの選択肢があります”の詳細は »

どうして遺言書を作成するのが良いのでしょうか

遺産分割でもめないためには遺言書を作成しておくことが有効です。

遺産分割でもめるケースは色々あり、どこの家庭にも起こりそうな
事情が多いです。

“どうして遺言書を作成するのが良いのでしょうか”の詳細は »

会社の責任の所在はどこの誰にある

会社が倒産したら家族や相続にも影響がある

株式会社の責任は、株主にあります。
もちろん、会社は別人格ですので、
負債は個人にはかかってきません。

現在の景気の中では売上が半分以下となる会社はたくさんあります。
売上が半分以下になろうとも必ずしも
倒産となるわけではありません。
“会社の責任の所在はどこの誰にある”の詳細は »

融資に有利な経営について

資本金と借入れの違いについて語る記事

いずれにせよ借金は無い方がやりやすいのですが、
多くの会社は金融機関からの融資を受けることが最も
一般的な方法ですね。
“融資に有利な経営について”の詳細は »

助成という制度で起業を立ち上げる

よい人材を採用し、売上げを出して税金を払う企業がある。

■助成金とは?
助成金の財源は、会社が国に払う「雇用保険料」です。そもそも社員を雇っている事業主が、払っている保険なのです。

■厚生労働省の助成金
厚生労働省の助成金はいろいろな種類がたくさんありますが、主なものを上げてみます。


“助成という制度で起業を立ち上げる”の詳細は »

相続が発生したときにやらなければいけないこと

身内の方がお亡くなりになったときに、まず行なわなければならない手続きです。

身内の方などが亡くなったとき、行なわなければならない手続きが色々あります。

中には期限が決まっているものもあり、期限を守らないと罰則を受けることもあるので注意が必要です。


“相続が発生したときにやらなければいけないこと”の詳細は »