会社設立における必要経費

■会社設立で必要経費になる?

個人で事業を行なっている自営業の人の多くは、法人として事業登録した方が税金面でメリットがあるのでは、
と考えたことが一度はあるはずです。
具体的に何がどう違うのか、どちらが得なのか個人事業主であれば、誰でも知りたいと思います。

そこで今回は、法人化することによって必要経費として処理できる、出張手当と生命保険料についてまとめてみました。

■法人: 会社設立で経営者の出張手当も、会社の必要経費に

 会社に勤務していると、出張の度に交通費や宿泊代の他に1日いくらという出張手当(日当)が法人から支払われます。
これは、出張時にかかる細々とした費用や日常生活を離れて遠方に行くことによる疲労や負担に対して支払われるものですが、
もらった時はちょっとしたお小遣いみたいで得したような気分になりますよね。

しかし、個人事業主が出張した場合、自分のやっている事業からその出張手当は、支払われません。
「自分に、自分が手当てを払う」というおかしなことになってしまうからです。従って出張手当(日当)は必要経費とならず、
税金を払う際に何も優遇されません。ところが個人事業を法人化すると・・・。
これが可能になるのです。法人化することにより自分、つまり個人経営者とは違う別の「法人という人格」が形式的に生まれ、
この法人から自分・個人経営者に出張手当を支払うことが可能になるのです。

しかし、毎回気まぐれで支払われる訳にはいかないので、普通の法人では出張旅費規程をあらかじめ定め、
出張距離や場所また役職によって出張手当(日当)額を決めて清算・経費処理をスムーズに行なえるようにしています。

 また、この法人の出張手当には税金面でも得する点があります。出張手当を支払う法人では、
その出張手当が必要経費となるのです。品目は交通費や福利厚生費となります。

また、この出張手当をもらった個人経営者も、この費用は所得とみなされないので、
所得税や住民税がかからず、そのまま受け取ることができるのです。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む