カテゴリー: 会社設立について

会社設立で法人化の利点

国や各自治体の事業者を対象とした『助成金』というものがあります。これは利息がゼロ、そもそも返済しなくていい資金なのです。

■事業資金がかかる!
事業を始めようと思ったときに、恐らく多くの人がまず考えるのが、資金のことだと思います。
業種にもよりますが、まず準備資金がかかり、事業がスタートしても運転資金が要りようになってきます。
“会社設立で法人化の利点”の詳細は »

会社設立で失敗してもやり直すことは?

オーナー会社の場合、株式会社の銀行などからの 借り入れの際、ほとんどのケースで連帯保証人になっています。

会社の場合は、倒産しても、不況でも個人の財産は
守ることができます。

民事再生申請後、破産となり、倒産。
社員は民事再生時に、初めて会社の状況を知り、
自宅待機を命じられたままの倒産もあったと言います。

“会社設立で失敗してもやり直すことは?”の詳細は »

会社設立と決算書

法人を作ると金融機関は決算書をもとにその会社法人への ランク付けを行って融資するかどうかを決めることになります。

決算書とは会社にとっては不可欠なものです。
法人は日々続いており、その活動は休むことがありません。

その間の経営成績や財政状態を
把握し、税務署に税金の報告をするために
人為的に会計期間を区切って決算というものを
行う必要があります。

“会社設立と決算書”の詳細は »

会社設立と個人事業の資金繰りについて

法人を作ることで第三者から出資を集めることが可能になります。

法人は事業資金を調達しなければ経営ができません。
本来の理想は、金融機関などから融資を一切受けずに、
法人が自ら儲けた利益を内部に留保していくものを
使う方がベストであるのです。
“会社設立と個人事業の資金繰りについて”の詳細は »

会社設立と個人事業の各種手数料

法人と個人事業では各種手数料の扱いが異なるものがあります。

法人や個人事業で使う機関や契約のものでは
手数料や利用料が発生するものが多くありますね。

ここで運営するに当たりその経費たるや
バカにならないものがあります。

“会社設立と個人事業の各種手数料”の詳細は »

会社設立における必要経費

法人として事業登録した方が税金面でメリットがある

■会社設立で必要経費になる?

個人で事業を行なっている自営業の人の多くは、法人として事業登録した方が税金面でメリットがあるのでは、
と考えたことが一度はあるはずです。
具体的に何がどう違うのか、どちらが得なのか個人事業主であれば、誰でも知りたいと思います。

そこで今回は、法人化することによって必要経費として処理できる、出張手当と生命保険料についてまとめてみました。

“会社設立における必要経費”の詳細は »